SDLについて

SDLは、翻訳メモリ、用語集、
機械翻訳ソフトウェアの分野におけるリーディングカンパニーです。

SDLの紹介

SDL PLCは、フリーランス翻訳者、翻訳会社、企業の翻訳部門、教育機関など、翻訳サプライチェーン全体にわたり、業界をリードする革新的な言語ソリューションを提供しています。

1984年のTRADOSとの合併を経て1992年に設立され、業界で最も多くの翻訳テクノロジソリューション製品を開発しています。225,000を超える製品ライセンス数と、数百件のサーバーインストール数を誇り、革新的な機械翻訳エンジンを活用した数十億ワードに上る翻訳にも対応します。

SDLはお客様やパートナーに向けた、業界屈指のSDL Trados Studioをはじめとする翻訳ソフトウェアおよび翻訳サービスのサポートと開発に尽力しています。

ビデオ - SDL Trados Studio 2015のご紹介(90秒)

SDLの言語ソリューションのご紹介(90秒)

SDLの業務内容

SDLでは、個人翻訳者向けの翻訳支援ソフトウェア、
翻訳チーム向けのプロジェクト管理ツール、
ローカリゼーション管理ソリューション、クラウドベースの機械翻訳など、独自の翻訳プラットフォームを提供しています。

SDL Trados Studioを採用することで、業界屈指の
翻訳支援ソフトウェアの導入のみならず、SDLの翻訳プラットフォーム全体を統合する
コンピュータ翻訳支援(CAT)ツールを活用することができます。

  • SDL Studio GroupShareで、一元管理された翻訳資産を共有
  • SDL Language Cloudで、安全かつ高品質な機械翻訳を実現
  • SDL WorldServerで翻訳管理

SDLによるお客様のビジネス支援

SDL製品は、互換性を確保することでSDL翻訳サプライチェーンと御社との連携を促進し、御社のお客様と当社製品ユーザーがさらに円滑にビジネスを進められるよう支援いたします。

ローカリゼーションプロジェクトのアウトソースをご検討の際は、SDL製品に対応できる翻訳者や翻訳会社とつながることで、プロセス全体の一貫性と効率性を維持できます。

SDLのテクノロジは、幅広いプロジェクトへの対応を支援するだけでなく、作業効率の向上にも貢献します。 翻訳プロジェクトの納期を短縮化することで、より多くの業務を受注することが可能になり、収益の向上につながります。

SDL認定プログラムは、翻訳者と翻訳会社のコミュニティに多くのビジネスメリットをもたらします。 SDL認定を取得することで、ソフトウェアのすべての機能を最大限に活用できるようになります。また、この認定によって製品に精通していることを正式に証明できるため、クライアントや見込み顧客に対して専門知識レベルを実証できます。

翻訳メモリ

翻訳作業と並行して訳文が言語データベースに蓄積されるため、同じ文章を繰り返し翻訳する必要がありません。

用語集管理

用語リストで構成される検索可能なデータベースで、用語データの追加も可能です。これにより、翻訳の一貫性を維持します。

翻訳管理

翻訳およびローカライズ情報のプロセス全体を管理するテクノロジです。

機械翻訳

人が関与することなく、コンピュータが行う翻訳です。 本自動翻訳システムには、ルールベース翻訳と統計的翻訳があります。

ソフトウェアローカリゼーション

ユーザーインターフェイス、ヘルプ、ドキュメントのローカリゼーションを技術的にサポートするツールです。

SDLの翻訳プラットフォームは、翻訳者の生産性向上やローカリゼーションのワークフロー管理、コンテンツの自動翻訳などを可能にするテクノロジで、グローバルカスタマーエクスペリエンスを効率的に実現するあらゆるソリューションを揃えています。

SDLによるお客様のビジネス支援

SDL製品は、互換性を確保することでSDL翻訳サプライチェーンと御社との連携を促進し、御社のお客様と当社製品ユーザーがさらに円滑にビジネスを進められるよう支援いたします。

ローカリゼーションプロジェクトのアウトソースをご検討の際は、SDL製品に対応できる翻訳者や翻訳会社とつながることで、プロセス全体の一貫性と効率性を維持できます。

SDLのテクノロジは、幅広いプロジェクトへの対応を支援するだけでなく、作業効率の向上にも貢献します。 翻訳プロジェクトの納期を短縮化することで、より多くの業務を受注することが可能になり、収益の向上につながります。

SDL認定プログラムは、翻訳者と翻訳会社のコミュニティに多くのビジネスメリットをもたらします。 SDL認定を取得することで、ソフトウェアのすべての機能を最大限に活用できるようになります。また、この認定によって製品に精通していることを正式に証明できるため、クライアントや見込み顧客に対して専門知識レベルを実証できます。